幻想ゲームプレイ日記

アラフォーのおっさんがその日にプレイしたゲームについて書いている日記です。ゲームのネタバレありなのでご注意ください。

灰と剣と白い魔女

 数日分。


 忘却の孤島で、何回か全滅しつつもボスのところへたどりつく。
 最深部には天使サンダルフォンがおり、使命を果たすために解放して欲しいとリールに訴える。


 解放すると、世界を滅ぼして新たな世界を作るのが使命だという。
 礼として、アリオルとリールは新たな世界の最初の人類にしてくれるというが、もちろん拒否して戦闘に。
 ブーメランパンツ一丁のマッチョで、翼がパンツから生えているというなかなか変態的な外見だ。


 ……で、まるで勝ち目がない。
 攻撃もきついが、殴っても取り巻きですらHPゲージがまるで減らないのがなおきつい。
 まあここはクリア後にでも挑むべきだろう。


 改めて天使の遺跡へ。
 実は3日も前にやったのでほとんど忘れているが、あんまり複雑な遺跡ではなかった気がする。


 奥にはアンジェがいて、リールに恨み言を言いながら襲いかかってくる。
 とはいえ、前回戦った時よりむしろ楽に倒せた。
 倒した後エファリスがアンジェを説得し、リールに天使の力を取り戻させた後、もう帝国には協力しないと言って去っていく。


 さて、天使の力を取り戻したことをヴィクトリアに報告した。
 ヴィクトリアは人々を扇動して各地で蜂起させ、アリオルたちは城に挑む。
 まあこれですら昨日の話なのだが。


 城は左右対称の構造で、赤と青、二種類の鍵を見つけると奥へ進めた。


 皇帝はモンスターをけしかけてくるが、特に問題なく突破。
 だが、城にはアンジェがいて、天使の力を町に向けて脅してくる。


 反撃できずに重傷を負ったアリオルを守るべく、リールが天使の力を使おうとする。
 エファリスがリールに助言して、犠牲を出さずに皇帝だけを撃破。


 そして、リールが覚えるべき感情をすべて覚えたようなことを言った後、エファリスはアリオルが家族を殺したリールを憎んでいると指摘。
 ショックを受けたリールをどこかへ連れ去ってしまう。


 城は取り戻したものの、アリオルはリールを探すことをヴィクトリアと話す。
 カミオがリールが南西の方角にいることを突き止め、南西にある研究所へと向かうことになった。


現在のパーティ
アリオル:リベンジャー :Lv60
メイル :ギャンブラー :Lv55
ガウ  :ソードマスター:Lv54
タット :ウィザード  :Lv56


リール :メタエンジェル:Lv60

欲しいものリストお金ないので誰かなんかください。