幻想ゲームプレイ日記

アラフォーのおっさんがその日にプレイしたゲームについて書いている日記です。ゲームのネタバレありなのでご注意ください。

FF10

 昨日はまず聖ベベル宮の試練を突破してバハムートを入手。
 顔がロバっぽいという娘の意見を受けて、名前はロバにする。


 その後、エボンの僧兵につかまりシーモアを襲ったことに対する裁判を受けることに。
 シーモアが先代の老師である父のジスカルを殺害したことと、死人であることをマイカ総老師に訴える。
 だが、実はマイカもまた死人であること、エボン教は現状維持が本当の目的で『シン』の問題を解決するつもりがないことを告げられる。


 牢屋に入れられたモンク(ティーダ)たちは、二手に分けられて浄罪の路というダンジョンに放り込まれる。
 おそらく本来は突破できたら無罪放免とかそんな話なのだろうが、出口ではシーモアとキノックが待ち構えているらしい。


 ダンジョンそのものはさして苦戦はせずに進むことができた。
 イサールとの召喚獣バトルや、エフレイエとの水中バトルも危なげなく突破。


 出口ではシーモアが待っていたが、キノックはすでにシーモアに殺されていた。
 権力欲にとらわれていた彼を救ったのだとシーモアは主張する。
 キノックや部下たちを取り込み、化け物のような姿となって襲ってきた。


 キマリが犠牲になって皆を逃がそうとするが、見捨てられないというユウナの言葉にモンクが応え、結局全員でシーモアに立ち向かうことに。
 連続魔法がたまに飛んできたりして強敵だったが、なんとか撃破する。


 今日はまず、マカラーニャの森の泉でモンクとユウナが話す。
 旅なんてやめちゃえというモンクに、ユウナはそれもいいかもしれないと答え、やめてどうするかの話を始める。
 しかし、ユウナの心は最初から旅を続けることに決まっていたようだ。
 挿入歌に合わせて、抱き合って泉に泳ぎながらキスをする2人。ここ、幻想的でいいシーンだよなあ。


 他の仲間たちとも話して、森の先にあるナギ平原へ。
 伝統的に大召喚士がシンと戦う場所らいい。
 ベルゲミーネとの召喚獣バトルに勝利しつつ、平原中央部の宿でセーブして終了。
 ブリッツボールがプレイできるようになっていたので、グアド・グローリー戦に危なげなく勝利できた。


現在のパーティ:
出撃:モンク(ティーダ)/リュック/ユウナ
控え:ワッカ/ルールー/キマリ/アーロン



ゲームプレイ日記 ブログランキングへ

欲しいものリストお金ないので誰かなんかください。