幻想ゲームプレイ日記

アラフォーのおっさんがその日にプレイしたゲームについて書いている日記です。ゲームのネタバレありなのでご注意ください。

ロストセイヴァー


 バルドルが本当に死んだかどうかを確かめるようにオルデンから依頼が出された。
 ネメトン修道院からアストラル界に行き、バルドルと会う。


 アストラル界のバルドルは、自分が確かに物質界からいなくなったとオルデンに伝わる説明の方法を教えてくれた。
 また、かつて自分とオルデンが同志であったこととを語り、オルデンが自分を殺すことを一度断ったせいで、デミウルゴスとかいう化け物になる可能性があることを教えてくれる。
 そうなった時は倒してくれと頼まれた。


 また、ソークスにデロス=シエロスの新たな盟主になるよう言ってくる。
 こちらはソークスのカルマで拒否することはできないらしい。


 オルデンに伝えた後、神の心臓の作り方がぐぐったらわからないかと思って試しに検索してみる。
 クズ野郎のルロロンの依頼を達成するために必要なアイテムだ。
 すると、奇蹟石を3つ合成すると神の心臓になるらしいとわかった。
 ちなみに奇蹟石は神々しい思念石を2つ合成するとできる。


 調達依頼で金を稼いで3750dの思念石を6つ購入し、合成。
 22500dかけて伝説の小舟を取り戻して、ルロロンが謝礼として渡してくるのは1d。
 さらに、依頼達成の報酬も1800dのアイテムだ。
 まったく割に合わないが、ここまで来たら最後にルロロンがひどい目にあうことを期待して依頼を続けよう。


 さて、次のメインクエストは、ベルダー婦人に会って霊性を高める方法を教えてもらうこと。
 婦人に会うと、ネメトン修道院の瞑想の間からコーザル界に行くよう言われた。
 コーザル界では、ソークスを殺し、ラメントに世界を憎ませようとする男たちの記憶を取り戻す。
 ラメントは男たちの予想以上の力を発揮して、彼らをそのまま抹殺し、妖星を呼んだ。


 戻ると、ディムにいるラメントに会うことをベルダー婦人に指示される。
 ラメントに会って、ヴァンガディア帝国の前身であるオスクリーダ王国の人々に救われ、心と体を癒してもらったことを教えてもらう。
 それぞれ育った国を守るために戦わなければならないことを語り、ラメントは去っていった。


現在のパーティ:
ソークス:Lv46 フェンサー
キャロア:Lv48 マーシャル
コルテージア:Lv52 クレリック