幻想ゲームプレイ日記

アラフォーのおっさんがその日にプレイしたゲームについて書いている日記です。ゲームのネタバレありなのでご注意ください。

シャイニングロード

 数日分。


 アーフェンのレベルを上げながら進んでいくと、今度はラルザックが死んだ。
 いや、死ぬのはわかってたんだけど、アイテムが出たので物欲に負けた。
 このゲーム、宝箱からは基本的にお金か薬草、後は次のエリアに進むための鍵が出るが、その他たまに装備品や壁紙が出るのだ。


 ラルザックを再び成長させながら進む。
 途中、ずっと酒場にいた3人組が、何者かに敗北して逃げ帰ってきた。


 さらに進むと、最初のエリアで戦った竜人が現れる。
 今度は本気で来ると言っていたのでアーフェンたちは身構えるが、彼はそのまま倒れた。
 オウガマスターと名乗る男が現れる。闇の勢力の一員らしい。


 彼はオウガゲートを開き、闇の勢力を復活させるために、光の力を求めているらしい。
 百獣聖武会の宝剣には光の力が詰まっており、ここで待ち伏せてそれを奪っていたらしい。
 襲ってきたオウガマスターを、さして苦戦することもなく撃退する。


 一度倒したものの、オウガマスターは魔物の正体を現した。
 再び襲ってこようとするオウガマスターを、横から現れたレイミアが攻撃する。
 しかし、おかげでレイミアはオウガマスターにさらわれてしまう。
 レイミアには、1人でオウガゲートを開くくらいの光の力がそなわっているらしい。


 連れ去られたレイミアを助けるために、アーフェンたちは百獣聖武会を辞退してオウガゲートに向かうことにする。
 だが、事情を聞いたディオクレスは、エンクウの口添えもあってレイミアを助け出せたなら獣王十二将と認めようと言ってくれた。


 オウガゲートに向かったところで、アーフェンたちはオウガマスターに倒された竜人と遭遇。
 彼は現十二将の1人、竜騎将ガイオンだそうな。
 百獣聖武会で問題が起こらないよう見守る役目でもあったそうで、責任を感じてオウガゲートに向かっていたらしい。


 ここに来て仲間が1人増えた。
 ……のはいいが、装備をなんも持ってないのでやたら弱い。
 防具とアクセサリは共用なので、余ってるのを装備させればいいけど武器は専用なので買わなければならない。
 ダウンロード直後に買い物をして、金がほとんどない状態になってたからなあ。


 とりあえずお金をためて一度戻り、ガイオンの武器を購入。
 ……したのはいいけど、ラルザックがまた死んだ。


 ラルザックとアーフェンは初期レベルが低いから、死ぬと辛いんだよなあ。
 その後は、ラルザックは死ななかったもののガイオンが何度か死亡。でもまあ、初期レベルが高いのでそんなに影響はない。


 扉と鍵の位置が遠い上に、鍵の宝箱を持った敵の周囲に魔物を出現させる罠があったりしてめんどくさい。
 最後には、4つのスイッチを押さないと鍵が出ない場所とか……。


 で、道中は苦労したものの、ボスであるオウガマスターにはさほど苦労せず。
 一回復活して真の力とやらを発揮しようとしたが、真の力も大して強くはなかった。


 レイミアを助けて帰還すると、エンクウが危篤状態になっていた。
 高齢で病に冒されていたらしい。
 アーフェンがレイミアを助けて十二将になったことを見届けて、エンクウは安らかな顔で息を引き取った。


 これで終わったかと思ったら、6話がダウンロードできるようになったとメッセージが。
 まだ続きがあるのか……と、思ったら、シャイニングロード2へ続くって話のようだ。
 とりあえずこの苦行をすぐに再開したくないので、一度別のゲームをやってからにしよう。


現在のパーティ:
アーフェン:Lv34
ラルザック:Lv20
ティアリス:Lv30
ガイオン:Lv26

欲しいものリストお金ないので誰かなんかください。