幻想ゲームプレイ日記

アラフォーのおっさんがその日にプレイしたゲームについて書いている日記です。ゲームのネタバレありなのでご注意ください。

シャイニングフォースイクサモバイル

 数日分。


 シャンサイアの門の前で困っていると、子供が突然親書を奪って持ち逃げする。
 追っていくとダークメタルの鉱山で、魔法使いは入れないらしい。
 魔法使い以外のメンバーで戦闘。戦力が少ない分敵も少なめな楽なマップ。
 まあ、実入りも少ないのが残念なところか。


 少年の親が鉱山で強制労働をさせられており、トウマたちに鉱山を守る魔物を倒させようとしたようだ。
 光の賢者の話題が出たところで、少年は居場所を知っていると言い出す。


 賢者がいるというマギサの牢獄へ。
 たくさんあるスイッチを踏んで周り、赤と緑の賢者を助け出す。
 間違ったスイッチを踏むと牢獄から敵が現れるが、いったいどうして閉じ込められていたのだろう。


 シャンサイアには3人の賢者がいて、間違いの起こらないよう互いに監視しつつ国政への助言を行っていたが、今は青の賢者が好き放題しているという。


 賢者たちはこの世界の闇を払えばジオフォートがトウマたちを元の世界に戻すと説明する。
 元の世界で、トウマたちが聖剣シャイニングフォースを求めた代償なのだそうだ。


 さて、シャンサイアではダークメタルの制御に光輝石なるアイテムを使っているらしい。
 トウマたちはそれがなにかわからないが、リューリスは怒りだす。
 そして、光輝石のところへ行くことに。


 ただ、その前に、牢獄で金を稼いで装備を整え、闇の監獄に再挑戦。
 途中セーブも駆使して敵をがんばって倒す。
 アースドラゴンとか言うHP300の化け物まで現れたが、攻撃範囲に入らない限り動かないようなので放置。
 40部隊を倒したときには、半分以上の5人が倒れていた。
 アバロンが仲間になるが、この時点では1レベル……みんな19レベルとかのところに1レベルで加入されてもなあ。


 牢獄でちょっとレベルを上げて、装備を買ってやってからデュモアの大空洞へ。
 また出てきたリームシアンが空爆してくる他、ドゥーガがブルードラゴンに変身して襲ってくる。
 ドラゴンの攻撃で死人が出たが、なんとか突破。
 アバロンもレベルが上がってきて使えるようになってきた。
 3射程届く闇の牙が便利。まあ、仲間にするのに苦労するキャラだし使えないキャラだと困るよな。


 さて、ドラゴンを倒した後、リームシアンは嫌な気を感じるせいだと言って壁を吹き飛ばす。
 そこから地下に巨大な黒い玉があるのが見えた。ダークメタルを吸収している。
 リームシアンはあんなものを放っておけないと言い出して地下に下りていく。
 また、シリルも嫌な予感を覚えたらしい。


 次のマップでは、リームシアンとドゥーガが囲まれていて、助けて話を聞くことに。
 ただ、リームシアンとドゥーガがちょっと遠いのでけっこう大変だった。なにせどっちかが死ぬとゲームオーバーだ。
 飛行ユニットのリームシアンはいくらでも逃げられるが、ドゥーガが瀕死の状態になってしまい生き延びさせるのに頭を使った。
 足の早いガドフォールを、ジオフォートのムーブの魔法でさらに移動させてどうにかドゥーガをかばえる位置に。
 ムーブを優先的にレベルを上げていて助かった。


 リームシアンから話を聞くに、彼女は仮面の男を怪しみ、その意図を探るために協力する振りをしていたらしい。


 仲間を増やして先に。
 光輝石のところへたどり着く。
 石の中には人が入っている。リューリスいわく、人を結晶化して魔力を利用する手段らしい。
 トウマは、石にされているのが自分の両親だと気づく。
 アスールが現れ、本来はトウマが石にされる予定だったが、拒否して逃がしたのだと教えてくれる。
 ああ、そういやなんかそれっぽいシーンがどっかであったなあ。


 アースドラゴンを突破して、トウマは両親を取り戻そうとする。
 しかし、突然トウマが苦しみだし、またしてもアスールが現れる。
 トウマは光の力を奪われて魔物に変化し、アスールも魔物の正体を明かして去っていった。


 ここで第2章が終了した。


現在の出撃メンバー
トウマ:Lv23
シリル:Lv21
ガドフォール:Lv21
ファークリン:Lv21
ドゥーガ:Lv15
アダム:Lv21
ラグナダーム3世:Lv19
リームシアン:Lv17
アバロン:Lv18

欲しいものリストお金ないので誰かなんかください。