幻想ゲームプレイ日記

アラフォーのおっさんがその日にプレイしたゲームについて書いている日記です。ゲームのネタバレありなのでご注意ください。

魔神転生 blind thinker

 キルフォートのレベルを上げつつ戦場を突破。
 途中でディアラマを覚えてくれたのでけっこう楽になった。


 渚や晴臣と合流し、リストモバイルも取り戻したが、そこに魔王ミノタウロスが襲ってきた。


 ミノタウロスの物理攻撃がやたらと強いが、主にジオで遠距離攻撃をしてくれるおかげでなんとかしのげる。
 というか基本的にこのゲーム、CPUのAIはかなり愚かだ。
 壁に引っかかって近づいてこれないとかよくあるし。


 晴臣がアギ、渚がザンを覚えてくれたので、それで削ってなんとかミノタウロスを撃破する。
 シルフがたくさんいたので、一通り会話して仲魔にしておいた。
 残りは邪鬼だったため、きっと仲間にならないだろうと思って普通に倒す。


 さて突破した後、キルフォートはメシア教に後ろ盾になってもらおうと提案する。
 それに対し、晴臣は群れるのは嫌いだと言い放った。
 渚はどうすればいいか迷っているようだ。
 晴臣は渚に対しても、迷っているやつから死んでいくと断じた。そして、行く当てがないなら一緒に来いと勇二を誘う。


 ここで、誰と行動するかの選択肢が発生した。
 キルフォートがロウルート、晴臣がカオスルート、渚がニュートラルルートなんだろうな。
 とはいえロウ・カオス・ニュートラルがとかその辺は考えないで誰と一緒に行きたいかって言うと、晴臣かなあ。


 晴臣と一緒に行くことを選択すると、キルフォートと渚とは別れることに。
 これで関係が終わるわけじゃないと渚は言ったが、さてこの後合流することはあるのかな。


 旧上野で渚とは別の凄腕ハッカーを見つけて、AGEの情報収集を行う。
 が、そこでNEO TOKYOから光の柱が立ち上って、上野は悪魔に囲まれてしまった。


 2人の戦いぶりを見た鬼神ゾウチョウテンが現れ、護国のために戦わねばならないと言ってくる。
 晴臣がゾウチョウテンの力を使ってやると言い放つと、ゾウチョウテンは彼のリストモバイルに入った。


 NEO TOKYOでなにかが始まっていることを察して、渚やキルフォートと連絡を取ってAGEビルに再び向かう。
 2人の前にAGEの最高責任者である三神秀作が現れた。
 彼はAGEの目的が、NEO TOKYOに魔界を呼ぶことだと告げる。
 悪魔召喚プログラムを使える勇二や晴臣は悪魔を利用するプロジェクトで役立つことができ、その恩恵を受ける資格があるのだという。


 だが、勇二や晴臣は当然のように三神の言葉を否定する。
 三神は魔王モロクを召喚し、モロクを倒してもう一度自分の前に立ってみろと告げた。


現在のパーティ:
柏木勇二:Lv14
宗方晴臣:Lv11


魔獣オルトロス:★★★★★
幻魔プルシキ:★★
闘鬼ゴブリン:★
妖精ワーキャット:★
天使エンジェル:★
妖精シルフ:★
妖精シルフ:★
妖精シルフ:★
妖精シルフ:★
幻魔ガネーシャ:★★★★
霊鳥ハーピー:★


晴臣のCOMP
闘鬼ブッカブー:★
鬼神ゾウチョウテン:★

欲しいものリストお金ないので誰かなんかください。