幻想ゲームプレイ日記

アラフォーのおっさんがその日にプレイしたゲームについて書いている日記です。ゲームのネタバレありなのでご注意ください。

iアプリ・ナムコゲームズ

ロストセイヴァー

次のメインシナリオを受けるのにちょっとレベルが足りなかったので、モルガンを討伐する依頼を受ける。 しかし、モルガンに遭遇したものの一撃死……と、思ったらソークスがなんか突然悪魔っぽい姿に変身した。 やたら強力な攻撃を行い、一撃で千単位のダメー…

ロストセイヴァー

花を届けて欲しいという依頼を引き受けたら、届け先で暗殺者が倒れていた。 殺したのは先日襲ってきたルナシーとかいう暗殺者。 ソークスも襲おうとするが、そこにオルデンが現れたためルナシーは撤退する。 次に受けたのは、この間のバルドルとかいう態度の…

ロストセイヴァー

アフェクトが離脱し、しばらくは1人旅っぽい。 依頼でコロナのバルドルとかいう金持ちのところへ。 屋敷に入ると、いきなり捕縛されて、『信用していない』とか言い放たれる。 信用されていない者は信用を勝ち取らなければ行けないそうだが、別にこっちには…

ロストセイヴァー

数日分。 まず、一昨日は王都コロナから伸びる3本の街道のうち、すでに片付けたディア街道以外のモンスター退治をこなす。 寺院ができて、ジョブチェンジ用のアイテムを買えるようになったので、スカウトに転職しておく。 それから、昨日はロータス老師の依…

ロストセイヴァー

ギルドに仮入隊したところで、父親のアフェクトが仲間になる。 20レベルとか言ってるので、まあ短期間だけの加入なんだろうなあ。 マップ上の移動のルールがいまいちわからないが、とりあえず最初の依頼としてディア街道のモンスター退治を行って今日は終了…

ロストセイヴァー

ロストクロニクルの続編、ロストセイヴァーをプレイする。 妖星が輝き、ニルヴァーナが近づいていることをなんとかいう老師が予見する。 数日後、霊峰バベルの東に落ちた妖星をアフェクトなる男に調査に向かわせる老師。 アフェクトは画像があるので重要人物…

ドルアーガの迷宮

携帯では最近ドルアーガの迷宮をプレイしている。 日記を書けるようなゲームじゃないので書いてなかったが、昨日時点で脱出編19階。 復活したドルアーガにさらわれたカイを救うため、ギルが60階構成の地下迷宮に挑む。 救出編と脱出編に分かれていて、救…

ロストクロニクル

王都でトリヴァルガーを倒した後の展開が、一周目と変わっていた。 ぺカードにダインスレイヴを託されたトレボーは二本の剣を合体させてフツノミタマを作り出す。 そして、モーリアことナイアルラトテップを撃破した。 さらに王都に開いた神界門から進み、人…

ロストクロニクル

昨日今日で、常夜のエンテンディエンド、彷徨えるサビドリアを一通り片付ける。 さらに、ユグドラシルとラピュータもクリアし、虚空のディシムラードを出現させて終了。 現在のパーティ: トレボー:Lv46 カロリーナ:Lv49

ロストクロニクル

水のミサリコルディアをクリア。 途中、酒場に上級職の仲間が出るようになったので、シェイラと分かれてフォルトゥナのカロリーナを仲間にする。 クレリックの上位職だが、全体攻撃魔法が使えるのでかなり楽に。 クトゥルフを倒して、アトランティスの転送装…

ロストクロニクル

霊峰セヴェロをクリア。 戴冠の儀式は、一周目から引き継いだ、敵の全能力を下げる魔法、レクイエムのおかげで楽勝。 また、ヴィリトラもさして苦戦はしなかった。 バベルを発見したところで、ジョブチェンジの条件を満たしたんで、トレボーをロードに変えた…

ロストクロニクル

麗しのベジェッサまでクリア。 オートだと厳しいが、最終装備で馬鹿みたいにINTが上がっているシェイラのライトニングがまだまだたいていの敵は簡単に倒してくれる。 ブリューナクを手に入れて、トレボーの攻撃力もそれなりにあるのだけど、戦闘は主に魔法頼…

ロストクロニクル

さて、二周目。 一周目とは違うジョブを使おうと思うので、男のクレリックで開始した。 名前は、国王になる予定ということでトレボーにしておく。 二周目には、一周目で最後に装備していた武器・防具・技を持ち越すことができる。 クレリックはマテオが持っ…

ロストクロニクル

2日分。 昨日はまず、レイノ上空にあるラピュータへ。 ラピュータへの転送装置を修理するのに必要なオリハルコンを探しにサビドリアの砂漠へ行くが、オリハルコンは見つからない。 だが、ジョバンニの部下だった盗賊のミゲルが父親の形見だというオリハルコ…

ロストクロニクル

常世のエンテンディエンドのシャンバラ、彷徨えるサビドリアの大ピラミッドでマナの泉を解放。 それぞれシュブ=ニグラス、クトゥグァとの戦闘があったが、そろそろレベルも上がったためかクトゥルフやヴリトラほどの苦戦はしない。 また、サビドリアのノボ…

ロストクロニクル

一週間分くらい。 霊峰セヴェロとその次の水のミサリコルディアまで突破する。 サラマンダはその後なんとか倒せた。 どうやって倒したんだったかなあ……。 もうずいぶん前だったので忘れてしまった。 とりあえず弱点であろう水属性の攻撃を3レベルで連発した…

ロストクロニクル

霊峰セヴェロを攻略中。 ヴァイド岩窟からドロール谷を探索すると、モーリアとかいう男が登場。 これまでも何度も遭遇しており、グランデ家が王家の血筋だと知っている人物だ。 モーリアにぺカードより先に戴冠の儀式を行うことを薦められる。 しかし、グロ…

ロストクロニクル

プレイはしていたのに、だいぶ間が空いてしまった。 豊穣のヴィクトリアでは、魔物になったグロリア王がアビスモ大樹海にいるらしい。 あと、アイスラム大空洞にはエルフ(アールヴ)から罪を犯して追放された者が住むデュエンデ境界へ行くためのヒントがあ…

ロストクロニクル

2日分。 昨日は荒野のファンダシオンの依頼を進めた。 砂鉄を手に入れるために磁石が必要になり、ファンダシオンの墓に葬られた探索道具の中に磁石があることを期待して砂漠にある墓へ。 サンドワームを倒して進んだ先にある墓でモーリスという男に会い、フ…

ロストクロニクル

さて、今日はメインストーリーを進める。 セルカ平原にあるファシル洞窟で、特別なスライムが現れたので倒して欲しいという依頼。 ギルモア隊長が攻撃をしかけたが、取り逃がしたらしい。 洞窟の奥でブラックスライムを見つけ出し、撃破する。 隊長は褒めて…

ロストクロニクル

もえさん雀の次はロストクロニクルというファンタジーRPGを落としてみる。 今度は普通のRPGだ。 神の吐息と呼ばれる瘴気に世界が包まれて、レイノという地方しか人が住めないらしい。 12歳だった主人公は伝説の環状世界への道を探す父親と祖父にこっ…

もえさん雀

最後は呂布が呉を滅ぼして三国を統一し、悪の秘密結社番南無の最後の四天王を撃破。 番南無の首領を倒すため宇宙へと旅立った。 サブストーリーはどれも微妙だったなあ。 きっと面白いと思って作ってるんだろうけど……。 ま、ともかくこれで終了。 次のゲーム…

もえさん雀

赤壁に向けて劉備と仲良くなる予定だったのに、うっかり全滅させてしまったことに孫権は落ち込む。 猫軍師の周愈はこうなったら孫権の軍だけで曹操に勝つしかないので、特訓しようと言い出す。 結果、周泰は猫語を話すようになり、黄蓋はマゾヒストに目覚め…

もえさん雀

関羽と張飛がいなくなったと、劉備が曹操に助けを求めにきた。 孫権が、2人を五丈原で見たらしい。 司馬懿が関わっていることを察し、3人は五丈幻へ向かう。 洗脳された2人を殴って救出した後で、司馬懿と決着をつける最終……の手前のマップ。 城があった…

もえさん雀

2日分。 曹操ルートをプレイ。 勢力を拡大した曹操は、暇をもてあましていた。 最初のマップは、暇つぶしに山賊を討伐。 そこに、司馬懿が現れて曹操に仕官したいと言う。 司馬懿に暇つぶしを考えることを命じると、劉備を殺さない程度に痛めつけることを提…

もえさん雀

司馬懿の拠点である五丈幻へ。 孫権軍と曹操軍の幻影が襲いかかってくるが、城があるのでさして苦戦もせず撃破。 そして、最終マップへ。 仕掛けもなにもなく、司馬懿が目の前にいて殴りあうだけのマップだ。 兵力は80000。 正面からこれを削るのはめん…

もえさん雀

蜀に曹操が攻めて来た。 司馬懿という蛇の軍師を連れており、夏侯淵に攻撃を仕掛けさせる。 城を奪って敵の士気を削ぐことができず、50000を地道に削る羽目になったのでけっこう大変。 ってか、高めの手をぽんぽん完成させられて、追い詰められた状態に…

もえさん雀

追いかけっこの後、曹操は勢力を増していたらしい。 で、劉備は孫権と組んで曹操を叩くことを決めた。 三国志をろくに知らない自分でも知っている、赤壁の戦いだ。 どうでもいいことだが、孫権側の軍師である周瑜は猫だった。 武将は女の子だが、軍師はマス…

もえさん雀

3日分くらい。 麻雀RPGのもえさん雀をダウンロードする。 三国志の女性化もので、主人公は劉備。 ちなみに劉備はピンク髪でお団子ヘアの巨乳である。 まあ、ツッコミどころが多いゲームだってのは置いといて。 システムはSRPGっぽい感じ。 マスにそって…

風のクロノア

太陽の神殿ではソ・ラールとソ・レールが待っていた。 ジョーカーたちが4つの宝珠を持っていってしまったので、取り返して欲しいという。 宝珠の色の看板のついた分かれ道を進み、それぞれの宝珠を入手していく。 4つすべて取り戻すとステージクリア。 大…

欲しいものリストお金ないので誰かなんかください。